菊作りニュース

ハモグリバエ

2011.11.11

ハモグリバエの幼虫の食害

ハモグリバエ吸汁痕

地域によってはエカキムシと言われることもありますが、
これはハモグリバエが加害しています。加害するハモグリバエには、
主にナモグリバエとマメハモグリバエの2種類がいます。

形態:
体長約2mmの小さなハエです。

被害:
幼虫が葉肉を食害し、葉に長い蛇行線状の食害痕がのこり、
外観を損ねます。4月頃~11月頃に発生します。

防除方法:
被害葉は見つけ次第摘除し、圃場から持ち出して処分します。
圃場内や周辺の除草を徹底しましょう。黄色粘着板を圃場に設置することにより、
早期発見できます。

薬剤:
オルトラン、カスケード、トリガード、コロマイト、ダントツ
これらの薬剤を散布すると葉内の幼虫は死亡するが蛹には殺虫効果がないので、
しばらくすると再び発生する場合があります。このような時は数回の散布が必要です。

おすすめコンテンツ

pageTop