菊作りニュース

立枯症

2011.11.11

病状:
だんだんと葉色が悪くなり、
下葉から枯れあがり生育途中でだんだんしおれ枯死していきます。

発生時期:
6月からの多雨時期から、7·8月の高温期にかけてよく見られます。

原因:
1.土壌中の病原菌(リゾクトニア菌類、フザリウム菌、ピシウム菌等)によるもの
2.土壌線虫(キタネグサレセンチュウ、キクネグサレセンチュウ等)によるもの
3.根部分の多湿による根腐れによるもの
等が挙げられます。

対処方法:
1.2.の場合は土壌の消毒が有効です。
また、耕作地が水田の場合は採花終了後、水を溜めるのも良いでしょう。
連作しないのが1番です。
3.の場合には、露地栽培であれば、畝を高くする、マルチ栽培、ハウス栽培への変更。
鉢植え栽培であれば土の状態によって灌水の調節が必要でしょう。

薬剤:
クロルピクリン土壌くん蒸剤、バスアミド

おすすめコンテンツ

pageTop