菊作りニュース

アザミウマ(スリップス)類

2011.11.11

キクを加害するアザミウマ類は、主にヒラズハナアザミウマ、
ミナミキイロアザミウマ、ミカンキイロアザミウマ、ネギアザミウマ等です。

形態:
体長は1~2mm、体色は黒褐色から淡黄色です。3~11月に発生し、
5~9月の高温乾燥期に急増します。新芽や蕾の中によく生息します。

被害:
成虫が新芽を加害します。展開葉がケロイド状に萎縮、奇形になります。
花を加害した場合、花色が退色します。また、えそ病(TSWV)や茎えそ病(CSNV)を媒介します。

防除方法:
定期的な薬剤散布が必要です。また、タイベックや防虫ネットを使用し、
外からの飛び込みを防いだり、青色もしくは黄色の粘着板をハウス内に設置し、
早期発見および捕殺に努めることも有効です。

薬剤:
アファーム、オルトラン、オンコル、カスケード、コテツ、
スピノエース、ベストガード、マッチ、モスピラン、ハチハチ、プリンス

おすすめコンテンツ

pageTop