取り扱い資材

取り扱い資材

ここでは、取り扱い資材をご紹介致します。

菊の白さび病に、優れた防除効果を発揮

inochio オペラフラワー®乳剤

inochioオペラフラワー乳剤はBASF社が開発したストロビルリン系の
殺菌剤ピラクロストロビンを有効成分とする新規殺菌剤です。
水に溶けにくく植物体内のワックス層と高い親和性を持ちます。
散布後速やかに植物表面のワックス層に吸着され、安定した保護層を形成します。
浸透移行性はありませんが、葉内への進達性を持ち、
成分が持続的に保護層から葉内に取り込まれます。
この安定した保護層の効果で、優れた残効性および耐雨性を示します。

種類名:ピラクロストロビン乳剤
有効成分:メチル=N-{2-[1-(4-クロロフェニル)-1H-ピラゾール-3-イルオキシメチル]フェニル}
(N-メトキシ)カルバマート…19.2%
性状:黄色澄明可乳化油状液体
毒性:劇物

規格 内容量:250ミリリットル・農林水産省登録:第23865号
使用時期 発病初期
効果 白さび病
使用方法 散布
濃度 2000倍
使用回数 3回以内

 

菊の白さび病に、優れた防除効果を発揮します。

薬剤散布後、白さび病を接種した21日後の比較画像です。

無処理と比較して対照薬剤は白さび病の発生(病斑)が確認されますが

inochioオペラフラワー乳剤は優れた残効性により、長期間の予防に効果を発揮します。

 

 白さび病接種後

21日

無処理

 

 白さび病接種後

21日

inochioオペラ

フラワー乳剤

 

 白さび病接種後

21日

対照A剤

 

 白さび病接種後

21日

対照B剤

 

※商品を詳しく知りたい方は画像をクリックをして頂くとチラシが開きます。

3つの成分が花を守り、防除作業を軽減

花華やか顆粒水溶剤

菊の代表的な病気・害虫・ハダニに対して幅広い効果を持つ3つの成分を含む殺虫殺菌剤です。
基幹防除用に利用できます。
作物への汚れもなく、安定した希釈液になる水溶剤です。

有効成分:エマメクチン安息香酸塩…0.25%、チアトキサム…2.5%、
     シフェノコナゾール…2.5%、界面活性剤・無機塩類等…94.75%
性状:乳白色水溶性顆粒
毒性:普通物

規格 内容量:500g 農林水産省登録:第22335号
使用時期 発生初期
効果 アブラムシ類,ハダニ類,うどんこ病,アザミウマ類,白さび病
使用方法 散布
濃度 500倍
使用回数 5回以内

 

※商品を詳しく知りたい方は画像をクリックをして頂くとチラシが開きます。

吊るすだけの高温対策!!

すずみどり

“植物緑葉由来成分「ヘキセナール」を葉が感知することで、
葉からの蒸散を促進、葉の温度が下がり、
生長点や花芽、葉先等が高温から守られます。
さらに気孔が開くことでCO2をより多く取り込み光合成が向上します。

有効成分:植物緑葉由来成分「2-ヘキセナール」(特許:5608381号)

規格 内容量:1袋10パック入り
使用時期 定植以降:ハウス内が30~35℃を超える時やハウス内温度が急激に変わる時
効果 高温時のしおれ・葉焼け・花芽分化異常軽減
使用方法 錠剤パックの両端をカットし、生長点より上部(20㎝程度)に吊るす。
濃度 100㎡あたり1~2パック
使用回数 効果は1か月位

 

※商品を詳しく知りたい方は画像をクリックをして頂くとチラシが開きます。

おすすめコンテンツ

pageTop